タクシーの情報が満載!

地方で活躍するタクシー運転手

地方で活躍するタクシー運転手 地方のタクシー運転手の年収は、東京や大阪などでタクシー運転の年収より低い傾向にあります。その年収差は、100万円以上になると言われています。ただ物価の違いがあるので、実際の生活への影響は数字で考えた場合より、少ないでしょう。地方では付け待ちや配車と言われる方法で営業していることが多いです。付け待ちは、駅や繁華街などで客が来るのを待つことです。お客が多そうな場所は大都市と比べて限定されるので、そこに多くのタクシー運転手が集まります。そのため、そこに集まるタクシー運転手は顔見知りになることが少なくありません。配車とは、お客からタクシー会社がタクシーの手配を希望されたら、無線を使いお客のもとへタクシーを回すと言う営業方法です。お客からタクシー会社への連絡は、電話が主流でしたが現在はスマートフォンのアプリからタクシーの希望をされることが多くなりました。
流しと言うのもありますが、都市部と比べて採用しているタクシー運転手は少ないと言われています。流しとは、タクシーの需要がありそうな場所を走りお客を探す営業方法です。

地理を予め覚えていく必要はあるか

地理を予め覚えていく必要はあるか タクシー運転手には営業エリアの道に詳しい人が大変多いですが、タクシー運転手の職に就く時に道がほとんどわからなくても、研修やその後の業務を通じてだんだん覚えていくことができるので全く心配はありません。
もちろん、最初のうちは道がわからずに苦労することは多いでしょう。しかし、先輩のタクシー運転手が研修などで教えてくれるほか、お客さんを乗せて運転しているときにも道を知らないと素直に伝えれば教えてくれることがあります。どの運転手もこのような経験をしながら、一人前のタクシードライバーになっていっています。
また、東京や神奈川、大阪にあるタクシー会社に道をほとんど覚えていない状態で入社した場合は、その後の地理試験対策の勉強を通じて勤務地の地理を自然に覚えることが出来ます。これらの地域ではこの試験に合格しなければ業務をすることができないので、単に覚える場合に比べると高いモチベーションで勉強をすることができるでしょう。