タクシーの情報が満載!

運転手から個人タクシー事業者

運転手から個人タクシー事業者 バスや電車では行きにくい所に行く場合や夜遅くなって夜道をあるきたくない場合には、タクシーを利用する人は多くいるでしょう。また、雨が降ったり大きな荷物を持っている時もタクシーは重宝します。この様に日常生活でタクシーを利用する機会は大変多いのですが、意外とタクシーを運転して私達を目的地まで送ってくれるタクシー運転手について、どの様にしてなれるかなど知らない事が多いことに気づきます。
タクシー会社に所属する運転手でしたら、会社に就職して色々な手続きを経て運転手になる事は分かりますが、個人事業者である個人タクシーの運転手にはどの様にしたらなれるのかついては、関係者や経験がある方以外には殆ど知られていないのが現状です。基本的にはタクシー会社で運転手をして実務経験をある期間を積んだという実績が、個人タクシーを始めるには必要になってきます。その意味では、個人タクシーの運転手はタクシー運転手の中でもベテランの部類に入ります。

タクシー運転手になるための講習や試験などについて

タクシー運転手になるための講習や試験などについて 私達の生活の中で移動するのに、公共交通機関がない所に行かないといけない時や深夜になって公共交通機関が終了した時にはタクシーを使わざるをえません。このタクシーを運転するタクシー運転手になるの思っている以上に大変です。
まず、長期間タクシー運転手ができるかを確かめるための運転適性診断や現在の健康状態を調べるための健康診断を受ける必要があります。適性や健康に関わるこの様な診断で適正でないと運転手になる事はできません。
健康診断や運転適性診断で問題がなければ次のステップに進みます。自動車運転の二種免許を持っている事が必須ですので、もし持っていないならば、二種免許の試験を受けて合格する必要があります。またタクシー運転手は運転する区間の地理にも詳しくないといけませんので、東京の場合には、財団法人東京タクシーセンター開催の講習を受けて、同センターが実施する地理試験に合格するする必要があります。この地理試験は大変難しく難関です。