タクシーの情報が満載!

個人タクシー運転手に転職する方法を解説

個人タクシー運転手に転職する方法を解説 タクシー運転手になることを考えている人、あるいは実際にいまタクシー運転手をしている人の中には、ゆくゆくは個人タクシーとして独立したいと思っている人もいることでしょう。
実際、街中ではそのようなタクシーを見かけることも多くあります。
ですが、これはなりたいと思った人がいつでも自由になれるものではありません。
一定の要件が必要で、その要件を満たしている人が申請して初めてなることができるのです。
要件とはかなり細かく規定されている部分もありますが、おおまかに言えば経験と資金です。
この2つがなければなりません。
また、申請の時点で65歳未満であることも必要で、65歳以上の人はいくら経験があって資金力も十分でも認められることはありません。
経験に関しては、基本的にタクシーを運転した経験が必要ですから、まずはタクシー会社の勤務ドライバーとなることが現実的です。
資金面では、設備資金と運転資金として少なくとも200万円程度を用意しておく必要があります。

タクシー運転手への転職の際に受ける新人研修の内容とは?

タクシー運転手への転職の際に受ける新人研修の内容とは? タクシー運転手への転職の際に受ける新人研修の内容ですが、まずは二種免許を取得しなければ話になりません。
二種免許とは、業務としてお金を受け取った上で人を輸送するために必要とされる免許で、これがないとタクシー運転手になることはできません。
既に持っている人は問題ありませんが、持っていない人の場合は会社の指導や研修に従ってまずはこの二種免許の取得を目指すことになります。
費用は会社負担としてくれるところが多いですが、条件についてはしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。
二種免許さえあればそれで問題ないかというと決してそんなことはありません。
ここから先は各タクシー会社によっても内容が異なりますが、営業地域に関する地理試験があったり、タクシーに特有の機器や装置の取り扱い方の研修を受けることもあります。
例えば、会社によっては接客に関する実務的な指導を先輩や上司がお客さん役になって受けることもあるでしょう。